葬式をあげる前に確認すべきこと

納骨堂のデジタル化

シンプルな葬儀から充実した葬儀まで、様々な提案が出来ます。中原区の葬儀社で、高い満足度を得られるのがこちらです。

安心して任せることが出来る遺品整理といえば名古屋にあるこちらです!経験豊富なスタッフが丁寧に作業を行なってくれますよ!

納骨堂もデジタル化している

 納骨堂とは元々はお寺などの一角に、埋葬までの間一時的に遺骨を収蔵しておくための建物でしたが、永代供養の場として利用したいという要望が増え、現在に至ります。  納骨堂は従来のロッカー式や仏壇式、墓石式などの他、最近ではカードを入れたりIDを入力すると遺骨が出てきて、モニターに個人の遺影が映し出されるようなハイテク式も増加しています。  納骨堂のメリットは墓石がない分リーズナブルであること、都会にあることが多いので交通の便が良いこと、無縁仏になる心配がないこと、管理も行き届いていることなどが挙げられます。  またお墓と違い代々引き継いでいくものではないので、核家族化している現在のライフスタイルにも合致していると言えるでしょう。

価格もピンからキリまで

 納骨堂の価格はピンキリで、運営主体が自治体なのか寺院なのかなどによって大きく変わります。価格と言ってもお墓と違って購入するのではなく、永代供養料を払って一定期間の使用料を得るという形になります。  東京都の場合だと個人用で50万円程、家族用で100万円程になり、別途年間管理料が5,000円〜15,000円が毎年かかります(中にはまとめて最初の支払時に徴収するところもあります)。豪華な納骨堂になると数百万円するものもあります。  一番安い価格帯だと5万円程度からありますが、ただ骨壺に収めただけの寂しいものになります。きちんと供養してもらって戒名を付けてとなると、やはり先述した価格帯が相場になります。  あまりケチるのも良くありませんが、予算と相談して納得のいく選択をしたいですね。  

遺品整理を京都で行なうあなたのお手伝いをします!遺品供養や遺品クリーニングなども行なってくれるのがこちらです。

供養に関して

本来納骨堂は、お墓に納骨するまでの間のものとして寺院の一角に作られていましたが、現在は正式に供養する場所とされています。お墓の管理ができない時等に利用されることが多く、寺院や自治体が経営しています。

詳細を確認する

散骨のメリット

散骨は焼骨を粉末状にして自然に撒く方法で、自然に還りたいと考えている人が選んでいます。穂会もお墓の購入を行うこともなく、コストを抑えられるということがあります。バルーン宇宙葬と呼ばれるものもあり、幅広いものがあります。

詳細を確認する

金額やマナー

香典返しの中に入れる金額は年齢や地域によって異なりますが、基本的な目安の金額があります。親族や友人で金額が大きく異なります。送る時期も忌明けになり、表書きにも注意を払います。

詳細を確認する

葬儀にかかるお金

葬儀は様々なものがあります。基本的にどのようなお金が発生するのか知ることで、不要なサービスを省いてコストカットを行うことができます。葬儀会社でも様々なプランが用意されています。

詳細を確認する

遺品整理業

遺品整理業は故人になった人が遺した荷物の整理を行ない、遺族に繋げるという仕事です。孤独死した人や、遠方に住んでおり荷物を引き払うのに時間がかかるという場合に依頼することができます。

詳細を確認する